ROM

ROM(range of motion)はたいていの医学辞書に掲載されている。「関節」を示す単語は含まれていないが「関節可動域」で,単に「可動域」と表記されることもある。

aROMはactive range of motionの略で,意味としては「他人の手を借りず,患者自身で動かせる範囲の関節可動域」である。日本語の表記はさまざまで,能動(的)関節可動域,自動(的)関節可動域,関節自動可動域,能動的可動域,自動(的)可動域などが見られた。

pROMはpassive range of motionの略,意味は「検査者(医師や理学療法士)が動かした場合の関節可動域」で,aROMの訳語の「自動(的)」や「能動(的)」を「他動(的)」もしくは「受動(的)」に代えたものが訳語となる。
[PR]
by charttranslator | 2005-06-07 09:40 | 整形外科 | Comments(0)


<< MSA ASD >>