FBSS

failed back surgery syndromeの略
脊椎手術の失敗症候群,腰椎術後疼痛症候群,脊椎手術後の難治性疼痛

どこの誰が名付けたか知らないが,堂々とfailedと表記するあたりに潔さを感じる。
結果が悪ければ何でも医者の落ち度とされる日本では,医師が自ら進んでfailedなどという語句は用いないだろう。

英語圏発のこのような過激な用語があれば,日本でも脊椎外科のムンテラはしやすいかもしれない。しかし,日本語の「失敗」が誤解の元になるのは間違いない。
[PR]
by charttranslator | 2008-05-17 14:10 | 整形外科 | Comments(0)


<< ACD IDET >>