1文字が省略される

腹式単純子宮全摘術は英語でtotal abdominal hysterectomyまたはabdominal total hysterectomyなので,略語はTAHまたはATHである。ところがこの手術はATと略されることがある。“AT”はグーグル検索ではストップ文字なので,通常検索では検索対象とならない。ストップ文字も検索対象に加えると,当然前置詞の“at”も含まれる。どちらにしてもAT=腹式子宮全摘術にたどり着くのは難しい。しかし,なぜ一番大事そうなhysterectomyの“H”を省略するのか。子宮を切除する手術は腹式単純子宮全摘術の他,広汎子宮全摘術,準広汎子宮全摘術,腟式子宮全摘術など様々な方法がある。私の勝手な推測を述べるなら,「子宮を摘出するのはわかっているけど,どういう術式?」と聞かれれば,開腹アプローチ(abdominal)で全摘(total)という意味で“AT”とだけ答えれば事足りたからではないだろうか。

同じく1文字が省略されるものに筋肉の名称がある。
TAはtibialis anterior muscleの略で前脛骨筋,GCはgastrocnemius muscleの略で腓腹筋である。いずれもmuscleのMは略語に含まれていない。
[PR]
by charttranslator | 2005-03-21 22:33 | カルテ解読のヒント | Comments(0)


<< 辞書について ウムラウトと漢字 >>