DCT

drug challenge testの略
ドラッグ・チャレンジ・テスト
鎮痛機序が明らかな薬物を静注し,各薬物による疼痛軽減の程度から疼痛の発生や維持に関与している機序を推定する評価法。
[PR]
by charttranslator | 2006-02-10 23:04 | カルテ解読のヒント | Comments(0)


<< BLDT tv-o >>