圧をかけたら圧痛

カルテではTd(TD),Tn(TN),De(DE),Ds(DS)など,圧痛を示す略語が多く見られる。
Td,Tnはtendernessの略語,DeはDruckempfindlichkeit,DsはDruckschmerzの略語である。
略語だけが単独で出てくるとわかりにくいが,圧痛のある部位が併記されていることが多い。
あるいは下図のように矢印でTd(+)などと書かれていたりする。
あるカルテにどう考えても圧痛らしき箇所にTOPと書かれていた。いろいろ調べてもTOP=圧痛を確認するに至らなかったが,英語でtenderness on pressureという表記が多く見られることに気づいた。これの略語ならTOPとなる。しかし,tenderness on pressureを直訳すると「圧をかけたときに圧痛」ということになる。「夢を夢見る」ようなものか。d0003249_23465562.gif
[PR]
by charttranslator | 2005-04-04 23:49 | カルテ解読のヒント | Comments(0)


<< 理学療法の略語 辞書について >>